定年退職のため、防災メンテナンス・施工企業(売上高:約1億円)を、防災業務部門を持ちたいという不動産管理企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 防災メンテナンス・施工企業
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 経営人材不足

買い手企業

事業内容
  • 不動産管理企業
売上高
  • 約15億円
買収目的
  • 業務項目の獲得

案件概要

スキーム
  • 株式譲渡
案件概要
  • 売り手側である防災メンテナンス・施工企業は、ハイレベルなテクノロジーとハイクオリティな業務が評判となって、規模は大きくないながらも堅実な運営を行って来た。顧客も非常に多く、ほぼ債務も無く経営を実現し、経済状態も非常に良好な会社だった。
  • そんな中で当企業の経営者は、かねてから定年で経営を退くという思いを持っていて、既存スタッフへの経営譲渡も考慮してオファーも出したが、その中から実際に運営に興味のあるスタッフが現れなかったために、企業自体を譲渡して買い手側に運営を任せることにした。
  • 買い手側である不動産管理企業は、不動産管理サービスを行っている企業の譲渡によって、クリーニング以外の営業項目を充実させることを希望していた。買い手側は売り手側の高いテクノロジー・業績・経済状態を非常に高く見積っていてM&Aによる買収に積極的だった。
  • 売り手側の経営コンテンツの良さ、経営者の尊敬できる人格もあって、この企業は最終的に複数の企業が名乗りをあげた。その後、売り手側の経営者の要望を一番考慮した買い手側の不動産管理企業が売却先としてセレクトされた。売り手側の経営者は、売却後もスタッフの指導やクライアントの引継ぎなどで一時的に残留した。

 防災メンテナンス・施工企業の会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る