学習塾のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・優秀な講師がなかなか集まらず、長く勤められない
・指導実績のある生徒をライバル塾に取られた
・指導生徒は多いが、講師数が少なくて日常的なシフトが困難
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

学習塾におけるM&A・事業承継の現況

学習塾業界は、かつて一括講義を中心とした講義形式のものが主流でしたが、その後日本の家庭における教育方針の変化や子供に合った教育方法を模索する保護者の増加もあって、業界内における勢力図も起きく変わりつつあるでしょう。

また、エリアを問わない営業戦略などで地域に密着した教育プログラムなどを充実させているところも多く、業界内における勝ち組と負け組がハッキリと見える形が出来るようになっています。現在は家庭教師の派遣や個別指導を徹底させる業態の学習塾が非常に伸びて来ていまして、やはり少子化を反映したニーズの変化がここにも表れているのです。

さらに、最近はリアルな学習塾だけでなくインターネットを使った個別指導を行うなど、学習塾に行かなくても指導が受けられるサービスもあってコストの削減が出来る大きなメリットも存在しています。

しかし、それでも少子高齢化は生徒数の減少だけでなく、講師の質の維持にも大きく悪影響を及ぼしていて優秀な講師は引き抜かれる傾向にあり、講師人材を確保できない学習塾は淘汰されるリスクが非常に大きくなって行くでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

学習塾のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
設備を継続して使用してもらえる
・現在のテナントオーナーとのトラブルを回避できる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・優秀な講師をまずは引き継ぐことができる
・多くの生徒を取り込むことができる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

ページ上部へ戻る