外食業・飲食店のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・ランチやディナーの時間帯にも客足が減った
・食材のコストが高騰して利益を圧迫している
・周辺に格安のレストランが出来て売上が落ちた
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

外食業・飲食店におけるM&A・事業承継の現況

現在外食業は日本では最も安定した業界であるものの、少子高齢化による影響で今後はそのマーケットも次第に縮小して行くと見られ、企業における交際経費などの圧縮などもあって業界における収益性について今後はさらに悪化して行くことが予想されています。

飲食店などのお酒を飲む場所になりますと、日本人全体でアルコール離れがかなり進んだことにより、本来利幅の大きかったアルコール類の注文が落ちたことによって飲食店自体の経営も圧迫するようになって来ているでしょう。

そのため、ソフトドリンクでも利益の取れるメニューの構築を多くの飲食店で進める傾向にあり、女性客を多く取り込む環境づくりを心がけている飲食店がかなり増えているのです。また飲食店でなくとも、新たなビジネスモデルを取り入れてシナジーを期待する経営者もいます。

また、レストランなどでは食材を安く仕入れるためにチェーン店として規模を大きくする方が、収益性も高く見込めるために大手による小規模店舗の買収などが進んでいる傾向にあります。また、お店の場所によって売り上げが大きく変わるために、大手が積極的にM&Aによる事業承継をオファーしてくるケースが増えているのです。

M&Aを利用した事業承継のメリット

外食業・飲食店のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・地域におけるコミュニティを維持できる
・飲食者の日常的な利便性を損なわせない
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・常連客に新たなメニュー提案ができる
・新エリアにおける設備投資が要らない
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 外食業・飲食店の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る