外国にて会社設立予定のため、設立数年の経営コンサルティング企業(売上高:約2億円)を、業務項目の多様化を目指す投資会社へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 経営顧問企業
売上高
  • 約100億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • キャピタル業務
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新規業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は、日本の大企業をクライアントとして、数々の分野にてトータルで経営顧問業務を進めていて、債務も存在せず、非常に高い収益率で順調に業務発展していた。
  • しかし、創業者は以前から企業の組織的効率化を進めていて、それに応じて現在の経営者たちに裁量を委ねていたが、資本を戻しても企業が潜在的に発展できる目途が立ったため、これを機に売却することにした。
  • 投資会社をメインにオファーを出したら、幾つかの企業から買い取り希望があったが、慎重に吟味したところで世界的に業務を行っているキャピタル企業がSPCを立ち上げ、彼らが現在の経営者たちと共同で資金を出し、銀行からも株式買取資金を準備できたことでMBO(経営者買取)とLBO(融資を活用した買収)を一緒に利用した形式で売却が完了した。

 経営コンサルティング会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る