売上不安定な状態より脱却するため、歴史ある弁当配達企業(売上高:約2億円)について発展目覚ましい競合会社へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 宅配弁当生産
売上高
  • 約2億円
売却理由
  • 経営人材不足、将来的な経営懸念

買い手企業

事業内容
  • 宅配弁当生産
売上高
  • 約6億円
買収目的
  • 競合会社の買取

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側は配達用の弁当の生産期企業で、大企業をメインにプレミアムな弁当を届けていて、多くの取引先からも評判の声が上がっていた。それでも、ここ数年は利益が出ない状況に陥っていることと、経営を担える人材も存在していないということもあって譲渡を模索していた。
  • 一方の買い手側は同じ業界における競合会社だが、ネット販売網に特化した顧客の取り込みや低コストでの配達に長けていた。今回の譲渡に関しても、運営を統一化することで戦略的な顧客取り込みをして、配達もより能率を上げることで建て直しが出来ると見込んで受け入れに名乗りを上げた。
  • 売り手は歴史もありネームバリューも素晴らしいので、M&Aによる事業承継後も商標名も変更せず、売り手の経営者も顧問職として残るという前提で売却が完了した。

 経営の将来的不安の解消手段としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る