在宅介護(訪問介護・デイサービス)のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・患者さんの多さに対して、看護師人材が集まらない
・新しい介護士が入って来ても、長く勤められない
・資金が足りず、新規の高齢者サービスを展開できない
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

在宅介護(訪問介護・デイサービス)におけるM&A・事業承継の現況

高齢者を中心とした介護産業は、日本における少子高齢化の現状を鑑みると今後も急速な市場成長が予想され、2025年には20兆円以上に成長すると言われています。

しかし、現時点でも様々な高齢者事業が存在しているため、今後の高齢者人口の増加を見てみますと今後はさらに業者の増加が進むとされますのでライバル間の市場の取り合いが今以上に顕在化して行くでしょう。

それでも在宅介護事業における運営体は極めて規模の小さいところが多く、基本的に資本なども潤沢なところは少ないのでその運営は非常に困難を来していることも珍しくありません。

さらに、訪問介護やデイサービスの担い手は平均年齢が40代前半に掛かるほど人材の高齢化も進んでいて、それは同時に若い人材の確保がいかに難しいかを表しているかが理解できます。

一般の職業と異なって看護師・介護士資格者が求められことから、その人材の流動性の高さも非常に深刻化していると言えるのです。これにより、人材などの確保できない職場はM&Aによる事業承継が一層必要になって行くでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

在宅介護(訪問介護・デイサービス)のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・既に訪問シフトに入っている患者の看護に対応できる
・人材の不足しているデイサービスの現場に買い手で対応してもらえる
・新しい分野の高齢者事業に集中できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・新たな患者さんを獲得できる
・既存のデイサービス利用高齢者をすぐに取り込める
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 在宅介護(訪問介護・デイサービス)の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る