国外での会社設立を図るため、技術者仲介企業(売上高:約4億円)について、業務の規模拡張を模索するエアコン機器メンテナンス企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 技術者仲介企業
売上高
  • 約4億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • エアコン機器保守企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である技術者仲介企業は、非常に高い販売力と長い間蓄積されたマンパワー登用手法によって堅実な売上を上げ続けていた。
    この企業のオーナー経営者は、30代前の非常に若い経営者で、大学在学中から多様な業務創立を行ってきたベンチャー実業家で、次の業務として国外における企業設立を模索していた。
  • この経営者は企業体をそのままにして国外展開することも考慮したが、パワーが集中できない弊害や設立のための資本が求められることもあって、結果的に企業を譲渡することになった。
  • 買い手側であるエアコン機器保守企業は、エアコンメンテナンスをメインに、周辺分野の買取をポジティブに進めていて、傘下企業内の人材仲介業務を充実したいと考えていた。
  • 2社の経営者の世代も近いことと、さらに2社の社風も類似点もあることもあって、M&Aも非常に迅速に流れて2か月の速さで完了した。

 技術者仲介企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る