債務超過会社の再建のために、ポータルメディア企業(売上高:約1億円)について、新しいサービスの取得を模索する投資会社へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • ポータルサイト運営
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 将来的な経営懸念

買い手企業

事業内容
  • 上場投資会社
売上高
  • 約500億円
買収目的
  • 新規投資先の取得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるポータルサイト運営企業は、ある一定のフィールドにおけるポータルメディアして既に多くのユーザーに知られていた。
  • それでもセールスパワーの不足もあって、ネットCMにおける売り上げが不調で黒字になかなかならない状況があった。この企業の経営者は、このような状況で企業経営を続けて行くのは非常に難しいと感じ、資本・セールスともにサポートが期待できる企業の協力を模索していた。
  • 買い手側であるキャピタル企業は、売り手側のネームバリューと発展の伸び白が非常に大きいことを見込んでいて、資本とマンパワーでの支援は必ず売り上げの回復が期待できると感じて買取を決めた。
  • 折衝を経て、現在の株式の買収と、第三者の割り当てによる増資形式で資金提供おこなうM&Aが完了した。

 債務超過解消の手段としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る