債務支払いのため、収益率の高い飲食店舗(売上高:約8,000万円)について、飲食業への参入を考慮する食材販売会社へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 飲食業
売上高
  • 約8,000万円
売却理由
  • 部分的業務の譲渡/オーナー利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 食材販売
売上高
  • 約50億円
買収目的
  • 新事業の獲得

案件概要

スキーム
  • 業務売却
案件概要
  • 売り手側は、建築業務や飲食業も兼ねて運営している企業で、飲食分野では非常に売り上げも安定していたが、建設分野での不景気もあって債務の支払いについても悪化が著しく、収益幅の大きい日本食飲食店舗を譲渡して債務の支払いに充てたいという思いがあった。
  • 飲食店舗は鉄道駅と言う好立地にあったが、都市部ではないという事情もあって、しばらくは条件の良い買い手を探すことが出来なかった。
  • 買い手を絞る段階で、その地域を基盤として食材販売を行っておる中規模会社が、新しいビジネスとして飲食業への参入に非常に注目して、飲食業の運営に対してモチベーションを高めようとするスタッフも存在したことから、今回日本食飲食業務の買取を決めた。
  • この買い手側は、飲食業務を行ったことがなかったので、M&Aによる事業承継後もしばらくは従来の看板ネームを残して売り手側をフランチャイズ拠点として買い手側がフランチャイズに加入する形で店舗展開し、売り手が手法を蓄積できた後はフランチャイズを脱退して単独経営することを見据えて売却が完了した。

 飲収益性改善のための会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る