債務の個人保証分を解消するため、エアコン機器施工・人材仲介企業(売上高:約6億円)を関連フィールドの企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • エアコン機器施工・人材仲介企業
売上高
  • 約6億円
売却理由
  • 経営的人材の不足・オーナー利益の確保

買い手企業

事業内容
  • エアコン機器の保守事業
売上高
  • 約10億円
買収目的
  • 関連フィールドへの参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側の創業経営者は、大企業であるエアコン機器施工企業をクライアントとして、施工材料セールス、施工受託、マンパワー仲介を進める企業を運営していて、企業立ち上げ以降常に収益が上がっている状態だった。それでも業績が伸びていくにつれて、回転資金を調達するために債務も累積したこともあって、経営者として担保していた創業者としては非常に将来的な懸念を抱いていた。
  • それでも、創業経営者は子供さんに経営を任せるつもりは無く、本格的に引退するにはあまりにも時期尚早であったが、先にリセットしてプライベートを充実させたいという意思をもって企業譲渡を決めた。
  • 創業経営者は、本来第三の事業承継斡旋企業に委託して初期手数料を徴収されたものの、買い手の斡旋が事実上なされなかったために再度別企業にて進めていた。
  • その後幾つかの買い手希望者が出てきて、そして関連フィールドであるエアコン機器保守を業務とする買い手が結果的に買取に積極的に乗り出して完了した。売り手側の創業者はその後スモールビジネスを経営している。

 創業者の個人保証解消のための会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る