傘下企業の整理のため、ノンコアの人材仲介企業(売上高:約20億円)について、業務拡張を模索する同種企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 人材仲介企業
売上高
  • 約20億円
売却理由
  • 関連業務企業の譲渡

買い手企業

事業内容
  • 上場済の人材仲介企業
売上高
  • 約200億円
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である人材仲介企業の上部企業が、メインの業務におけるライバル企業の追撃に悩んでいたこともあって、売上も順調に推移している関連業務企業をタイミングよく譲渡して、高収益性の業務に特化することを兼ねてから模索していた。
  • 買い手側である人材仲介企業は、業務拡張のために同じ分野の企業買取を模索していて、今回の買取に非常に積極的だった。企業評価を慎重に進めたところ、買い手側は売り手側とクライアントも全く異なって買取に関するメリットは非常に大きいと見て買取を決めた。
  • 今回の事業承継によって、売り手側の上部企業は、メイン事業に資本を特化投入することが可能になって、買い手側も企業買取によって業務拡張による高収益化を達成できることになった。

 人材仲介会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る