倉庫会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・商品管理と仕分け業務が複雑化してコストがかさむ
・現場スタッフが流動的で作業効率が上がらない
高騰する人件費を受ける資金力が無い
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

倉庫会社におけるM&A・事業承継の現況

日本における倉庫企業はそのマーケットも非常に大きい分野ではあるのですが、中間産業としてコスト削減のしわ寄せのための存在になりつつあり、各発注元のコストを無条件に引き受けなければ仕事を失っていく不安定さを有しています。

また、最近は色んな産業からの参入が可能になったこともあって、本来倉庫業メインで行って来た業者売上が非常に多く減少して行く傾向にあります。資金力のない業者は設備投資が出来ず、各発注元の条件を受け入れるだけの一方的な業務形態になって大変不利な経営を強いられます。

さらに、最近は本来メーカーなどが管理すべき製品の代理倉庫機能を行うサードパーティ拠点としてのニーズが増えて来ていて、実質的に企業の子会社倉庫としての機能を担っている傾向も増えて来ているでしょう。

今後は、中小企業の多い倉庫会社間で生き残りをかけた資金協力や規模拡大を模索するケースも出て来ていて、競争力のない倉庫業になりますと多くの経営者がM&Aを活用して早期に事業承継を成し遂げようという動きが一層活発化しているのです。

M&Aを利用した事業承継のメリット

倉庫会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・倉庫施設にある多くの設備を処分せずに営業を続けられる
・倉庫内の多くの在庫品を新たな場所に移す必要がない
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・既存の倉庫をすぐに自己倉庫として使える
・手慣れた倉庫スタッフにそのまま従事してもらえる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 倉庫会社の売却・事業承継M&A、お問い合わせはこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る