保育園・保育所のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・保育を担う保育士人材が見つからない
保育児童が多すぎて単体では処理できない
・設備拡張したいが資金が足りない
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

保育園・保育所におけるM&A・事業承継の現況

現在における保育業界は、幼稚園に比べると非常にニーズの高い分野と言えます。核家族化が進んで、子供が幼少のころから働かなければならないこともあって、保育園の存在意義は社会的に今まで以上に高くなって行く傾向にあるでしょう。

また、現在はシングルファザー・マザーも増えていることもあって、これからも社会として充実させていかなければならない分野であると言えるでしょう。また、現在は社会福祉法人だけでなく色んな異業種も業務参入が出来るようになったことで、利用者におけるサービスの利便性も非常に高くなって来たとも言えます。

しかし、その一方で資本基盤の脆弱な保育園は上述の規制緩和もあって、運営が困難になるケースも出て来ていますので大手企業による買収や再編なども業界内で進んできています。保育児童のための安全管理のための設備投資も資金面で困難になるケースも大きな課題となっているのです。

さらに、体力が非常に求められる保育士不足が深刻な保育園も多くなっていて、サービスの事業承継を考慮する経営者も多くなっていますのでM&Aを活用することも多いでしょう。

M&Aを利用した事業承継のメリット

保育園・保育所のM&Aを利用した事業承継はその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・保育児童をこれからも引き続き保育してもらえる
保育士の待遇を維持できる
児童の遊べる場所をより充実してもらえる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・保育児童を一気に抱えることができる
・なかなか見つけにくい保育士人材をすぐに確保できる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 保育園・保育所の売却・事業承継M&A、お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る