健康状態が悪く50歳前に早期退職をするため、化学製品製造業(売上高:約4億円)について、業務エリア拡張を模索する人材仲介企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • ケミカル製造業
売上高
  • 約4億円
売却理由
  • 創業者利益の確保/オーナー経営者の体調不良

買い手企業

事業内容
  • 上場済の人材派遣企業
売上高
  • 約200億円
買収目的
  • 関連フィールドへの参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるオプションバリューの大変高いケミカル材料のアウトソーシングメーカーは、種類が多くて量も少ないオーダーに対しても、スピーディに納期を守れる体制が非常に評判で、大企業のケミカルメーカーや電機製造企業などのクライアントからも高く買われている。
  • この企業の利益率は大変良好で、債務も無くて非常に優秀な経済状態であったが、オーナー経営者は非常に長期的な身体的課題に悩んでいて、50歳前の労働中核を担う世代であるが経営を退いて健康回復に努めたいという思いがあった。買い手側であるマンパワー仲介企業は、人材仲介以外の関連フィールドへの参入を模索していて、その中にはテクノロジー分野のソリューション事業も参入模索分野もあった。
  • この企業は、売り手側企業の高利益率、製造拠点の場所の良さやケミカルプロダクト製造拠点の新たな設置の難しさを考えたところ、買取による化学商品ソリューションメーカーへの参入を決めた。

 化学製品製造企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る