経営実務からの引退を希望する創業経営者が、福祉アイテム貸出企業(売上高:約3億円)について、市場シェア拡大を模索する同業企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 福祉アイテム貸出
売上高
  • 約3億円
売却理由
  • オーナー利益の回復

買い手企業

事業内容
  • 上場済みの福祉アイテム貸出業
売上高
  • 約800億円
買収目的
  • 競合企業の買取

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である福祉アイテム貸出企業は、関東一円における市街地などを中心に、エリア隋一の市場占有率を持っている評価の高い会社であった。介保が導入されたころから、各エリアに特化した業務を展開し続けていて、同業種の大企業が業務を開始するなどライバルの増える状況下でも継続的に2桁による発展を成し遂げていた。
  • そんな中でもこの企業のオーナー経営者は、企業の業務拡大について自分の経営力がすでに限界に来ているという思いもあって、日に日に大きくなる運営への重さに不安を感じていた。経営者は、企業の堅実な発展とスタッフの労働継続のためには、同業種の大企業グループに参加するべきだと感じて企業譲渡を決めた。
  • 買い手側である同業種大企業の福祉アイテム貸出企業は当エリアに参入した後、市場占有率を二番手まで業務を伸ばしていましたが、売り手側の脅威もあって予想以上に占有率は獲得できずにいた。これにより買い手側にすれば、売り手側の買取は非常に意義が大きく、他の買取希望者を抑えて見事に買取を達成した。

 経営実務からの引退する手段としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る