他事業をスタートする資金獲得のために、関東一円の個人旅行宿泊施設企業(売上高:約5,000万円)について投資ファンドへ売却

売り手企業

事業内容
  • 個人旅行向けの宿泊施設の経営
売上高
  • 約5,000万円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • キャピタル企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 投資先の取得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側の創業経営者は、以前スタッフ住居として使用されていた建築物を貸借して、その中の部屋を個人旅行者にまた貸しするという宿泊施設を幾つか経営していて、その利用率も非常に良くて堅実な売上を伸ばしていた。
  • それでも、創業者は本体の事業分野である芸術業務の新規創業を考慮していて、今回企業を譲渡することを模索していた。
  • 小ぢんまりとした企業ながら売上も非常に堅調に推移していたため、個人旅行者向け宿泊施設業務を開始したい幾つかの買い手が候補として挙がった。そんな状況でも、条件や方向性がマッチせずに折衝不能に陥った企業もあって、完了までしばらくかかったが、結果としてこの分野を発展フィールドと位置付ける投資ファンドが買取を行うことになってM&Aが無事に終了した。

 旅行宿泊施設の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る