他の業界へ変換するために、ビジネストラベルに特化した旅行代理店(売上高:約20億円)について、業務拡張を目指す上場会社へ売却

売り手企業

事業内容
  • ビジネストラベルエージェント
売上高
  • 約20億円
売却理由
  • 創業者利益の確保・企業の将来的発展

買い手企業

事業内容
  • 上場済みの福利厚生企業
売上高
  • 約1,000億円
買収目的
  • 新事業の取得

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • ビジネストラベル事業を専門に行うトラベルエージェントを運営している創業経営者は、会社設立から10年内における上場を目途に高い売上を維持してきたそれでも、マーケットを取り巻く状況や事業の状況を鑑みると、即近での上場の達成については非常に見込みが厳しくなっていた。
  • また、この創業経営者は創立自体に対して非常に興味を占めすが、既存の収益性業務を維持していくことについてそれほど?実を示すタイプではなく、企業の本格的な発展やスタッフの件を考慮すると、相乗利益が期待できる大企業グループに入ることが非常に有利であると感じていた。
  • 企業向けセールスについて業務拡張を考慮している複数の企業が買取に乗り出してきたが、この中でも法人における国外赴任・出張などのサポートを業務の一部として行っていた上場会社が、業務拡張と旅行代理店での収益性の一体化を目標に買取を期待して、売り手側の満足いく条件を提供して売却が成立した。

 旅行代理店の会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る