リタイアしてプライベートを充実させたい創業経営者が、電機部品製造企業(売上高:約5億円)について、上部市場への参入を志す電子パーツ貿易企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 電機パーツ製造企業
売上高
  • 約5億円
売却理由
  • 経営人材不足

買い手企業

事業内容
  • 電子パーツ貿易業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 上部市場への参入

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である電機パーツ製造企業は、小さい企業でもハイクオリティの商材や小口でもスピーディに納品を行う臨機応変な業務体制で、クライアントからの支持も非常に高い優れた業者であった。それでも、この企業のオーナー経営者は引退時期を考慮してきたこともあって、経営者を退いて、プライベートにて庭いじりに専念したいという思いを抱いていた。
  • 経営者には子供もいたが経営人材となることはなく、既存のスタッフにおいても経営を担える能力を持つものが存在していないこともあって、経営者は円満引退を成し遂げるために企業譲渡を模索した。
  • 買い手側である電子パーツ貿易業は、問屋でありながら今後は製造業としても成長したいという思いもあって、業務のオプションバリューを向上させたいという期待があった。
  • 買い手側の販売方向性と売り手側の商材タイプは非常にマッチしていて、さらに買い手側も売り手側の商材についての将来的前途を非常に買っていることもあって買取を希望した。その後、売り手側の経営者は無事に引退した。

 電機部品製造会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る