メイン事業に特化するため保険薬局の1つ(売上高:約80百万円)について、当エリアでの店舗展開を希望する大手薬局に譲渡

売り手企業

事業内容
  • 市販薬小売・保険薬局
売上高
  • 約80百万円
売却理由
  • 一部業務部門の譲渡

買い手企業

事業内容
  • 保険薬局
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 業務拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 事業譲渡
案件概要
  • 売り手側は市販薬小売店と保険薬局を各1つずつ運営する地場企業で、売上を含めて安定的に成長していた。それでも、薬剤師人材難という問題に直面する中で、保険薬局の経営自体が非常に支障を来すようになっていた。厳しい環境の中で、売り手側の経営者は保険薬局業務を譲渡して、それを元手に市販薬の小売業務に特化していくことに決めた。
  • 買い手側は急速にエリア拡張を狙っている薬局の大企業で、買収予定の薬局のエリアには買い手側の店も競合していて、このエリアにおける経営強化を進めたかった。
  • 薬剤師人材不足の問題もあって売却のために長い期間もかけられない中で、売り手側と買い手側が巧みに共同で売却を進めて行ったことで3か月も経たずに売却が完了した。

 経営の選択と集中のための事業売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る