プライベートの時間を重要視するため、早期退職。エンディングプラン企業(売上高:約3億円)について業務拡張を模索する大企業に譲渡

売り手企業

事業内容
  • エンディングプラン企業
売上高
  • 約3億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • エンディングプラン企業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 業務規模拡大による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるエンディングプラン企業は、今までの信頼ある業績とハイクオリティな業務によって、業務基盤では非常に優秀な信用力を持っていた。
    それでも、この経営者は業務の不規則さもあって、家庭との生活時間的不一致に以前から一貫して大きな悩みとして持ち、それを改善するための手立てとして、企業譲渡によって早期の引退を図ろうと時期をうかがっていた。
  • 買い手側の同業種で大企業は、以前より売り手側のサービスエリアへの参入を考慮していたが、もともと土地勘のない地区への参入には非常に障壁も高く、その達成にはなかなか困難だった。
  • この企業とすれば、この地区での業績と充実した取引先を抱える売り手側の買取は、この地区の参入にベストの方法となりますので、オファーの段階からM&Aによる事業承継にこだわりを見せていた。
  • その後、2社間のニーズがマッチしたこともあって、折衝も迅速に進んでオファーから2か月で売却が完了した。

 創業者利益確保の手段としての会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る