ビルメンテナンス会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・得意先のビルから管理契約を打ち切られた
・長期に提携しているビル所有者から管理委託費の削減を求められている
ライバルのメンテナンス会社の参入が相次いでいる
・優秀な機械管理スタッフの確保が大変難しい
・収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

ビルメンテナンス会社におけるM&A・事業承継の現況

都市部における人口増加や事業所やオフィスの集中もあって、多くのビルが建設して行ったことでビルメンテナンス業界は市場を拡大して今に至っています。しかし、2008年から始まった世界同時不況の影響もあって、ビルの過剰供給が深刻になってテナントにも空きが目立つようになりました。

そのため、ビル所有者がビルメンテナンスに支払う管理単価も抑えられることが多くなり、ビルメンテナンス会社を取り巻く経営環境は非常に厳しくなっているでしょう。

実は、かつてのビルメンテナンスはクリーニングや機械修繕などのそれぞれの業務に特化しているが一般的でしたが、単体でのオーダー数が著しく減少してきたこともあってトータルでメンテナンスすることが業界としてもメリットが出てくるようになりました。

よって、多くのビルメンテナンス会社がM&Aによる事業承継を進めて行くことに積極的になる傾向があり、今後は特定の企業がより一層業務を集約して高収益化を図るために業界内で大きく再編が進んで行きます

M&Aを利用した事業承継のメリット

ビルメンテナンス会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・今まで蓄積した管理ノウハウを更に発展してもらえる
・地域におけるビル管理レベルを維持してもらえる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・新たなメンテナンス先を一気に取り込める
・メンテナンスの管理業務にも幅がつくので色々な顧客を新規に取り込める
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 ビルメンテナンス会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る