販売力拡大のため、歴史ある服飾問屋(売上高:約7億円)が、新事業の獲得を模索している服飾製造業と業務提携

売り手企業

事業内容
  • 服飾問屋
売上高
  • 約7億円
売却理由
  • 将来的な成長懸念

買い手企業

事業内容
  • 服飾製造・問屋業
売上高
  • 非公開
買収目的
  • 新規ビジネスアイテムの獲得

案件概要

スキーム
  • 事業協力
案件概要
  • 服飾問屋業である甲社は、非常に長期間に渡る業績とネームバリューを持つ歴史のある会社だが、新規のセールスルートの取得を模索していて、予てから他企業体との資本協力を検討していた。その流れで、服飾メーカー・問屋業の乙社は、協力先として、既に構築したセールスルートに新規に投入できるビジネスアイテムを有する会社を模索していた。
  • 乙社は甲社の購買チャネルを取りいれることでより異なる種類のビジネスアイテムを購買することが可能になり、甲社も乙社の販売ルートや提携先のメーカーを大体的に利用できるなど、2社間でセールス・購買の面で非常に大きな利点が発見できたため、これらの業務間における業務提携が成立した。
  • 2社は事業協力におけるその相乗効果の実現を待って、近く相互持ち株などの資金協力をも予定されている。

 服飾用品企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る