営業力拡大のため、服飾製造業(売上高:約30億円)が、新事業の獲得を模索して雑貨企業と事業協力

売り手企業

事業内容
  • 服飾製造業
売上高
  • 約30億円
売却理由
  • 企業の将来的な発展のため

買い手企業

事業内容
  • 雑貨製造企業
売上高
  • 約100億円
買収目的
  • 業務拡張

案件概要

スキーム
  • 事業協力
案件概要
  • 協力先模索側の服飾製造業は、特定のジャンルにて長期間の確かな業績とネームバリューを持つ歴史ある会社だったが、ここ数年の日本マーケットにおける縮小もあって業績も不安定に陥っていた。
  • 協力側である関連雑貨企業は、既存のセールスルートに投入できる市場拡大できる有望なアイテムを模索していた。この2つの企業はお互いのビジネスアイテムは違っていたが、エンドユーザーが被ることを認識したことから事業協力の模索が本格的に始まった。
  • 最終的にメインの販売地域、セールスルート、クライアントにおいて被る部分が無いのにも拘らず、エンドユーザーの性質は類似点もあり、さらにセールス面での協力を行うことによって2つの企業間で非常に大きな利益を共有できることが確認できたこともあって、事業協力契約が完了した。

 服飾関連会社の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る