システム開発会社のM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・取引先からシステム開発に著しいコスト削減を求められるようになった
・本来システム開発受注を行っていた顧客が、単価の安いインドや中国の企業へ発注し出した
・ネット上でのシステム開発ケースが増えているので、未知の新規分野へ参入して行きたい
・常駐エンジニアが少ないので、システム開発における効率が非常に悪い
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

システム開発会社におけるM&A・事業承継の現況

システム開発は年々発注単価が下がってきていまして、日本での開発コストの上昇を背景に受注が新興国を中心とした海外企業に流れている現状にあるでしょう。

かつては、ITブームを中心とした製造業のシステムIT化を目的とした比較的大規模なプロジェクトも多かったのですが、メーカー自体のコスト見直しの影響もあって収益性の非常に高いオーダーは著しく減少して来ています。

さらに、最近は主流だったインストール型のシステムではなく、ネット上で作動する汎用性の高いサービスやスマホアプリマーケットに活路を見出ことも多いのです。

システム開発会社は現在でも様々な新サービスを生み出せるクリエイティブ性は豊富ですが、それを更にビジネスとして発展させる人材を抱えることもできずにSOHOの開発人材を用いてシステム開発をするほど資金が足りない業者も多くなっています。

そのため、既存の開発会社も如何に得意先に長くオーダーを受け続けられるかと言うことに注視せざるを得ず、人件費の充実は二の次となっている状況でしょう。そのため、システム開発において資金を確保出来ないことが多くなり、M&Aによる事業承継はごく自然の流れとなっている分けです。

M&Aを利用した事業承継のメリット

システム開発会社のM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・今まで開発してきたシステムのバージョンアップが続けられる
比較的収益性の高いアプリの開発に特化できる
既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
創業者の利益を回収することができる
個人保証や累積債務などを解消することが出来る

【買い手にとってのメリット】
・少ない資金で今まで扱っていなかったシステムのノウハウを手に入れられる
・顧客もそのまま獲得できるので従来のシステム製品の販売にも有利
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 システム開発会社の売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る