コールセンターのM&A・事業承継

このようなお悩みをお持ちですか?

・得意先からコールセンター委託経費単価の値下げを打診された
・最近ライバル企業がかなり増えて、得意先から本来契約していた案件が切られた
・海外にもコールセンター拠点を持っているが、価格競争で劣勢を強いられている
コールセンター人材が集まらずに、業務対応がスムーズにいかない
収益性の高い事業に特化するために、幾つかの事業を譲渡したい
・体力が落ちて来たので、現役から退きたい
・早めに譲渡して、今後の生活を充実させる資金が欲しい
・将来的に堅実に発展していくために、資金力の高い企業グループに参加したい

現在の段階でお悩みを解決できるとすれば、M&Aによる事業承継を進めることが最も適切な方法となります。

コールセンターにおけるM&A・事業承継の現況

日本ではかつて企業ごとにコールセンターを抱えていましたが、長期的なコストカットの流れもあってアウトソーシング化が2000年代に入って著しく進んで行きました。

その役割も、あくまで得意先からのアフターサービやクレームに応えるという業務がメインであったのですが、その後電話を使った効率的なサービス展開手法の1つとして用いられるようになって来たと言えるでしょう。

企業側もグループで一括してコールセンターを抱えることによって、そのコスト削減を図ってきましたがそのうちアウトソーシングすることが主流となりまして、その受け皿としての多くのコールセンター企業は大手業務を中心としてさらに発展が期待されています。

しかし、このコールセンターも最近はグローバル対応が進むことになり、国内の拠点だけでなく海外に拠点を設けて対応させることも珍しくなくなっているのです。それは国内におけるアウトソーシング人件費が高いということもあって、業界でも厳しい合理化を図っていることを意味するでしょう。

そのため、比較的経営基盤の弱い業者はM&Aによる事業承継を本気で模索しているところも出て来ているわけです。

M&Aを利用した事業承継のメリット

コールセンターのM&Aを利用した事業承継に関してはその売り手と買い手に様々なメリットをもたらします。

【売り手にとってのメリット】
・コールセンターにおける機器もそのまま売却できる
・海外拠点の人材の場合はそのまま現地で活用してもらえる
・既存取引先へのサービスを継続できる
既存スタッフの雇用を続けてもらえる
経営者の資金を取り戻すことができる
累積債務などを無くすことが出来る

【買い手にとってのメリット】
・コールセンタースタッフのゼロからの研修が必要ない
・旧経営体が抱えていたコールセンター契約案件を引き継げる
・新しいサービスを迅速に始めることができる
・スムーズに業務拡張できるので、シェア拡大も非常に早い

 コールセンターの売却・事業承継M&A、無料相談はこちら

ページ上部へ戻る