成長を加速させるため、IT企業(売上高:約1億円)が、関連業務への参入を模索する同業他社より第三者割当増資による資金調達を実施

売り手企業

事業内容
  • スマホ関連企業
売上高
  • 約1億円
売却理由
  • 企業の将来的発展のため

買い手企業

事業内容
  • 上場済みのインターネット情報技術業
売上高
  • 約500億円
買収目的
  • 関連業務への参入

案件概要

スキーム
  • 増資による資金調達(第三者割当増資)
案件概要
  • 資金調達を模索しているスマホ関連企業は、会社を設立してからそれほど時間も経っていない零細の新興情報通信業だが、日本だけでなく、国外においても積極的に業務を行っていて、ある程度の実績を成し遂げていた。
  • それでも、十分な運転資金が欠如していたことで、想定内の業務推進が不可能な状況に陥っていたこともあって、資本増強のために資金の調達を模索していた。
  • 資金の提供側であるインターネット系の情報通信企業は、関連業務における新興会社に対する資金提供をポジティブに進めていて、とりわけ海外への業務可能性の高い会社への注目は常に大きかった。
  • 今回は投資先における海外で構築済のネットワークが大きな好材料となって、会社設立から幾ばくもなく、業績レベルも低い状況であったが、非常に高い金額での資金提供が成立した。

 事業成長・拡大のための資金調達、無料相談はこちらからどうぞ

ページ上部へ戻る