他事業に集中するため、東京都中心部の複数の未認可児童施設(売上高:約5,000万円)について、新事業の取得を模索する給食企業へ譲渡

売り手企業

事業内容
  • 児童施設
売上高
  • 約5,000万円
売却理由
  • 他事業への集中/創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • 給食企業
売上高
  • 約70億円
買収目的
  • 新規ビジネスの取得

案件概要

スキーム
  • 事業譲渡
案件概要
  • 売り手側は東京都にて児童施設2つを経営していて、不認可であるのにも拘らず非常に人気で、いつも優秀な稼働率を保って堅調な業績を伸ばしていた。創業者である経営者の心の中には、将来的に他の新しい事業に特化して行きたいという思いがあった。
  • 買い手側は、法人・介護施設・教育施設・児童施設のために給食を提供している企業だが、新しい業務として児童施設の経営を模索していた。今回の児童施設の住所が買い手側の所在地の付近だったこともあってM&Aによる事業承継を求めていた。
  • 様々な条件的な折衝が経たが、スムーズに交渉を進めていくことができた。そして、児童施設の年度変更が行われる4月からを売却日時として事業売却が無事に完了した。

 児童施設の会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る