その他の業務に特化するため、不動産管理・保安業務企業(売上高:約6億円)を、この分野で業務統一化を図っている投資会社に譲渡

売り手企業

事業内容
  • 不動産管理・保安業務企業
売上高
  • 約6億円
売却理由
  • 創業者利益の確保/企業の発展

買い手企業

事業内容
  • 上場投資会社
売上高
  • 約100億円
買収目的
  • 業務拡張による高収益化

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側である不動産管理・保安業務企業は、当エリアにおけるネームバリューは非常に大きく、堅実なる売り上げと経済状況を携えた良質な会社だった。この企業の経営者は複数の関連企業を同時に運営していたが、以前に事業開始した別の業務に特化することになった。
  • 経営者は色々なケースを模索したところ、企業譲渡が経営者として、そしてスタッフのためにも一番の選択だと感じて譲渡を決めた。
  • 買い手側のキャピタル企業と譲渡に対する必要性が一致したこともあって、早期に譲渡の流れは決まったものの、途中の処理にて時間を食ってしまい、経営者が譲渡を決めてから1年以上経ったところでM&Aによる譲渡が完了した。
  • 売り手側の経営者は、各種の業務手続をを終えて、主液性の高い業務を提供する別企業の運営に特化している。

 不動産管理企業の会社売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る