退職した創業者が、リテールソフトウェア開発企業(売上高:約30億円)について、現在の経営者たちに株式を譲渡

売り手企業

事業内容
  • リテールソフトウェア開発企業
売上高
  • 約30億円
売却理由
  • 創業者利益の確保

買い手企業

事業内容
  • リテールソフトウェア開発企業
売上高
買収目的
  • 会社運営の融通性向上のため

案件概要

スキーム
  • 株式売却
案件概要
  • 売り手側であるリテールソフトウェア開発企業は、有る専門のフィールドで高い市場占有率を持っていて堅実な実績を上げ続けていた。
    このオーナーは、ずいぶん前から運営に関しては引退していて、文化教育フィールドにおける地域奉仕業務に特化していた。
  • 同時にこのオーナーは退いた後に株式の売却に頭を抱えていて、スタッフへの譲渡と第三者への譲渡と言う両面の選択肢から考慮していた。これによって、このフィールドに意欲を持つ買い手候補にオファーを出したところ、売り手側の業務における将来性豊かな事業利益の高さが非常に注目されて、大会社である情報通信業が買取に乗り出してきた。
  • しかし、オーナーは現在の経営者・スタッフの業務意欲を鑑みた場合、現在の経営役員たちに株式売却することが妥当と見做した。
  • 今回株式売却に関しては、売り手側が金融機関からの融資分を経営者に貸し出して、経営陣者たちが株式を買い受ける形で成立した。

 小売ソフトウェア開発企業の売却・事業譲渡M&A、無料相談はこちらからどうぞ

無料相談サービスのご案内

事業承継M&Aのプロ集団

ご希望をご登録いただけます


「M&Aニーズセンター」をご活用ください!

ページ上部へ戻る